HTM協同組合について

本組合会員会社は、愛知県を中心と致しております。ミャンマー、フィリピンを中心とした技能実習生も幅広い職種で受け入れしています。

ごあいさつ

HTM協同組合は、中小企業等協同組合法に基づき、愛知県知事から認可を受けた異業種協同組合です。中小企業は、一般に規模が小さく、資金調達や情報収集力が弱い為、事業経営の上で不利な立場にあります。また、最近の情報化の進展、エネルギー環境問題、労働時間短縮、消費者ニーズの高度化・多様化などに大きな影響を受けて、一段と厳しい環境に直面しています。そのため、同じような立場にある中小企業で、共通する部分を共同事業として実施することで合理化を図り、それぞれの企業が自社の経営に専念できる環境を整備するため、異業種の協同組合を設立致しました。当組合は組合員の相互扶助の精神に基づき、共同事業を行い組合員の経済的地位向上を図ります。

外国人技能実習制度とは

詳しくはこちら→  JITCO 可能職種 厚生労働省HP

技能実習生受け入れの流れ

STEP1
技能実習生の受け入れをご検討

 HTM協同組合へご相談下さい。

STEP2
お問い合わせ/ヒアリング

御社のご要望を詳しくヒアリングし、技能実習制度に沿って各企業様に合った受け入れの形をご提案致します。

STEP3
技能実習生の受け入れを決定

・HTAグループの監理団体
『HTM協同組合』へ求人のお申込み

・組合にご加入いただきます。

STEP4
現地にて募集開始

お申込み頂いた求人票をもとに、提携している現地送出し機関にて求人に見合った学生たちを選抜、また、志願される学生においては現地スタッフが事前面談をし、経験や人柄、スキルをチェック。 その中から御社とマッチングする候補者を選出致します。

STEP5
渡航/現地面接

スカイプを通じたネット上での面接も可能ですが、企業の皆様には出来る限り現地を訪問して頂き、実習生候補者と直接お会いいただきたいと思っております。
※現地面接では、当組合の通訳可能なスタッフも一緒にアテンドさせて頂きます。

STEP6
採用決定/雇用契約締結
/現地観光

面接を終わり、受け入れる実習生が選抜されましたら事前にご準備いただいております書類にて雇用契約結びます。面接終了後、余った時間などで市内観光等のご案内もしております。
また、観光のほか彼らが生まれ育った国がどのような経済状況であるか、またどのような文化があるのかを直接ご覧いただき、少しでも身近に感じて頂ければ幸いです。実習生の実家が市内から近距離の場合、候補者の家庭訪問を通して両親や家族とも親交を深めていただけます。

STEP7
技能実習計画認定申請/大使館へ必要書類提出

帰国後は、すぐ送り出し機関と監理団体による書類作成となります。外国人技能実習機構に提出する技能実習計画認定申請にかかる書類作成を始めます。同時に、外務省・労働省へ提出する資料の作成も行います。
※申請書類の中には企業様に必要書類をご用意いただくことも多数ございますので、ご協力の程、お願い申し上げます。

STEP8
技能実習計画認定通知書受理/入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請

上記の技能実習計画認定通知書および申請書をもって、入国管理局へ申請を行います。

STEP9
在留資格交付/ビザ申請

入管の審査が無事に終わると在留資格が交付されます。この在留資格を送付し、労働省からの派遣許可-スマートカードが交付されれば、無事出国の手続きが終わりとなります。

STEP10
入国/入国後講習(1か月間/176時間)

無事に入国が完了すると、すぐに実習生たちは約1ヶ月間の合宿講習に入ります。愛知県内で実習予定の実習生は現在当組合と提携している名古屋の【愛知国際研修センター】へ入校します。

STEP11
配属/実習開始

いよいよ実習開始となります。実習生たちはこれからたくさんの技術を学んでいきます。実習開始後も、日本と現地スタッフが連携し実習生の管理をしっかり行ってまいります。

訪問前事前準備

Preparation

スケジュール決定

 まずは面接の渡航スケジュールを決めます。大体の面接訪問は2泊3日が通常です。面接後実習生の入国まで半年ほど時間がかかることもありますので早めに面接をされることでより早く入国ができます。

会社紹介資料準備

 技能実習生を採用すると3年間は受入企業で働くこととなります。3年間は短くも長い期間ですので彼らがどんな会社でどんな環境でその3年間を過ごすのかはとても大切なものです。事前にできるだけ多くの資料を用意し彼らに提示することが、トラブル防止の意味にもなります。

雇用条件作成

 技能実習生たちにとって日本に行くことは技術を学びに行くことですが、同時に働いて収入を得ることも非常に重要な要素です。そこで実習生たちが行く先の会社の給料など雇用条件が非常に大切です。面接前に雇用条件書を作成、面接時にはしっかりと説明をします。

募集条件決定

技能実習生の面接にあたって、必要な募集要項を決めます。性別は女子が良いか男子が良いか。また、年齢は何歳くらいまでを希望するか。そして経験の有無。日本語能力など様々な要件がありますが、企業様の仕事内容に合った形で必要な人材の要件を決定します。

ビザ準備

 渡航スケジュール決定後、ビザを申請する必要があります。渡航するためにはビザが必要です。面接目的で渡航される場合はビジネスビザの申請をお勧めしております。また、ビジネスビザ限定でビザ代行申請業務を承っております。

ホテル等予約

 渡航スケジュールと同時に飛行機の予約やホテルの予約も進めていきます。

HTM協同組合 概要 

組合名
HTM協同組合
所在地 〒491-0814  
愛知県一宮市千秋町小山字東六反20番地3
TEL:0586-52-7890 FAX:0586-81-7891
代表理事 藤原 光一
設立 平成29年12月14日
事業内容 原材料及び事務用品の共同購買
外国人技能実習生受入事業、職業紹介事業
組合員の福利厚生に関する事業
上記事業に附帯する事業
許可省庁 厚生労働省
許可番号 許1806000357

入会のご案内 

■入会資格
◆下記都道府県に事業所があること
神奈川県、愛知県、兵庫県、香川県、広島県、徳島県、千葉県、北海道、岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
◆外国人技能実習生受入対象職種の作業があること
◆外国人技能実習生受入対象職種は、こちら。

■入会出資金・組合費
入会出資金1万円/口
組合費無料(年会費・月会費は無料)
当組合へ入会を希望される方は以下の内容をご確認の上、
お電話 0586-52-7890
もしくは
お問い合わせフォームからお申込ください。

まずはお気軽にお問い合わせください。